人は呼吸したとおりの人になる

 オステオパシーという治療法の第一人者ロバート・C・フルフォード(1905~1997)は、「人は呼吸したとおりの人になる」という言葉を残しています(『いのちの輝き』翔泳社)。 
 オステオパシーは、アメリカのアンドリュー・スティル医師によって創始された、骨格の調整などで治療を加える医学体系で、発祥のアメリカにおいて有資格者は、正規の医師として認められているそうです。
 冒頭の言葉は、ドクター・オブ・オステオパシーとして、手の技を通して何万という臨床体験を持つフルフォード氏が得た実感であったのでしょう。その確かな技術をもって晩年まで治療を続けていたということを、ホリスティック医学で有名なアンドリュー・ワイル博士も絶賛しています。

 フルフォード博士は仕事を通じて、身体のはたらきと心の働きが、互いに影響しあっているという信念を得、さらに「人は呼吸した通りの人になる」とまで言い切っています。
 言うまでもなく呼吸は、生きていくために重要な行為です。それだけに、呼吸の仕方によって人が変わっていくことは充分に考えられることです。 浅くせわしない呼吸をしている人は、せわしない人であるでしょうし、弱弱しい呼吸をしている人は、存在感も弱弱しい人になることでしょう。逆に力強くゆったりとした呼吸を常にしている人は、そのような人であるに違いありません。
 身心一如といい、呼吸が人間の本質に反映するという考え方といい、フルフォード博士には禅に近いものを感じます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴木光彌

Author:鈴木光彌
1943年(昭和18)東京都葛飾区水元に生まれる
法政大学法学部卒
在学中は応援団に所属し、副団長を務める
今も、人々に生きる勇気と喜びを鼓吹する応援団を任じている
昭和55年、公益社団法人調和道協会に入会し、丹田呼吸法を学ぶ
以来研鑚を重ね、現在養根塾を主宰して活動中
著書:「丹田湧気法入門」柏樹社(共著)、「丹田を創る呼吸法」BABジャパン、「丹田を創って『腹の人』になる」小学館、「藤田霊斎 丹田呼吸法」佼成出版社

【養根塾】
◇会場: 高輪アンナ会館
東京都港区高輪2-1-13
都営浅草線 泉岳寺駅A2口徒歩5分
◇日時:毎週火 1:00~3:00PM
◇会費:1000円/1回
自由ヶ丘教室 第2・4金 10:30AM
若葉教室 毎週金 6:00PMも併設
お問合せ 090-5405-4763 鈴木
Eメール
mitsuya@wf7.so-net.ne.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR