FC2ブログ

風と息

誰が風を 見たでしょう?   ぼくもあなたも見やしない
けれど木の葉をふるわせて  風は通り抜けてゆく

                        クリスティーナ・G・ロセッティ
                        西城八十訳

 風は目に見えないけれども、木の葉のそよぐのを見て風の存在が確かめられます。
 風は宇宙の呼吸であり、我々の呼吸は体内を吹く風と言えます。また風は、神の呼吸であり、言葉を変えればいのちの息です。我々はそのいのちの息を吹き込まれて吸気となし、それを感謝でお返しすることを呼気としているわけです。
 そのことをハッキリと体感するには、日常の無意識の呼吸を、意識的な呼吸にかえてみることです。つまり丹田呼吸をすることです。すると、神あるいは宇宙の根源と自分とが、呼吸を通して統一していることが実感できます。息を吸うことは神の恵みであり、吐くことは、自分を生かし給う神への感謝のメッセージであるように感じられてきます。

 ものごとの微妙さを表現するとき、「風」という字が使われます。
  風景・風情・風光・風月・風格・風貌・風潮・風雅・風流・風味・風物・風合・風評などなど・・・
 これらの風からは、神の息づかい、宇宙の息吹が感じ取れるように思います。
 いのちの根源とのつながりを感じる感性を失うことから、不安や恐怖が起こります。そしてそのつながりを取り戻したときに、愛に満たされた心からの安心を感じます。
 そうした感性は、神の息づかい、宇宙の息吹とフラクタル構造にある丹田呼吸法によって養われるのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴木光彌

Author:鈴木光彌
1943年(昭和18)東京都葛飾区水元に生まれる
法政大学法学部卒
在学中は応援団に所属し、副団長を務める
今も、人々に生きる勇気と喜びを鼓吹する応援団を任じている
昭和55年、公益社団法人調和道協会に入会し、丹田呼吸法を学ぶ
以来研鑚を重ね、現在養根塾を主宰して活動中
著書:「丹田湧気法入門」柏樹社(共著)、「丹田を創る呼吸法」BABジャパン、「丹田を創って『腹の人』になる」小学館、「藤田霊斎 丹田呼吸法」佼成出版社

【養根塾】
◇会場: 高輪アンナ会館
東京都港区高輪2-1-13
都営浅草線 泉岳寺駅A2口徒歩5分
◇日時:毎週火 1:00~3:00PM
◇会費:1000円/1回
自由ヶ丘教室 第2・4金 10:30AM
若葉教室 毎週金 6:00PMも併設
お問合せ 090-5405-4763 鈴木
Eメール
mitsuya@wf7.so-net.ne.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR