本当にいい呼吸

 養根塾という名は、多分に坂村真民さん(1909〈明治42〉~2006〈平成18〉)の詩のイメージに依っています。朝1時に起きて、祈りをささげて詩を作るその姿は、まさに土の中からいのちを吸い上げる根っこそのものの感じがします。
 以下は真民さんの詩です。

  ああ本当にいい呼吸が
     できるようになりたい
  わたしが未明こんとんに起きるのも
     このお方の呼びを
  だれよりも早く聞きたいからである
     そのお声を深く吸い込み
  今日の一日をせい一ぱい
     生きたいからである
 (坂村真民詩集『詩国 第一集』より)

 「本当にいい呼吸ができるようになりたい」と真民さんは心から願っていました。それは「このお方の呼びを早く聞きたい」からだと言います。
 このお方とは、神様のことでしょう。神様の呼ぶ声を聞くことは、真民さんにとって息を吸い込むことです。
 そして真民さんが呼く息は、神様の呼びかけに応え、感謝の呼びかけをすることです。
 呼びかけるの「呼」は、呼吸の「呼」です。
 感謝で呼びかける呼気ができたら、神様のお声が深く吸い込まれます。そうしたら、真民さんはまた感謝の呼びかけをします。この感謝のこもった呼気こそ丹田呼吸です。
 ひと息ひと息が丹田呼吸になっていること、それが「今日一日をせい一ぱい生きる」ことになるのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴木光彌

Author:鈴木光彌
1943年(昭和18)東京都葛飾区水元に生まれる
法政大学法学部卒
在学中は応援団に所属し、副団長を務める
今も、人々に生きる勇気と喜びを鼓吹する応援団を任じている
昭和55年、公益社団法人調和道協会に入会し、丹田呼吸法を学ぶ
以来研鑚を重ね、現在養根塾を主宰して活動中
著書:「丹田湧気法入門」柏樹社(共著)、「丹田を創る呼吸法」BABジャパン、「丹田を創って『腹の人』になる」小学館、「藤田霊斎 丹田呼吸法」佼成出版社

【養根塾】
◇会場: 高輪アンナ会館
東京都港区高輪2-1-13
都営浅草線 泉岳寺駅A2口徒歩5分
◇日時:毎週火 1:00~3:00PM
◇会費:1000円/1回
自由ヶ丘教室 第2・4金 10:30AM
若葉教室 毎週金 6:00PMも併設
お問合せ 090-5405-4763 鈴木
Eメール
mitsuya@wf7.so-net.ne.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR