FC2ブログ

肚の文化

 日本の心療内科の草分け池巳酉次郎博士は、「肚の文化が人類を救う」という言葉を残しています。
 池見博士の言う「肚の文化」とは、物事を統合的に見ていこうとする文化であると思います。論理に対して直観といったところです。また西洋的学識に対して東洋的叡智といってもよいかもしれません。
 「肚の文化」とは、身体の活動を通して宇宙の意識を直感する感性を重んじる文化であると、私は思います。いわば身体知を喚起して生命知を自覚する文化であります。現実に対して全身の機き(はたらき)をもって対処し、そこから人生の本質を学んでいく態度です。このような知恵が問うように、とりわけ日本には今も残されているのです。この文化こそ、世界の人達に知らせることは、私たちの大きな使命であると思います。
 また、上智大学名誉教授で、カトリックの神父でかつ臨在禅の師家であった門脇佳吉先生は、「この混迷の世を救うものは丹田呼吸しかない」と断言しています。
 「肚の文化」を担うためには、一人一人が「肚の人」にならなければなりません。そのために必要なのが丹田呼吸」なのです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴木光彌

Author:鈴木光彌
1943年(昭和18)東京都葛飾区水元に生まれる
法政大学法学部卒
在学中は応援団に所属し、副団長を務める
今も、人々に生きる勇気と喜びを鼓吹する応援団を任じている
昭和55年、公益社団法人調和道協会に入会し、丹田呼吸法を学ぶ
以来研鑚を重ね、現在養根塾を主宰して活動中
著書:「丹田湧気法入門」柏樹社(共著)、「丹田を創る呼吸法」BABジャパン、「丹田を創って『腹の人』になる」小学館、「藤田霊斎 丹田呼吸法」佼成出版社

【養根塾】
◇会場: 高輪アンナ会館
東京都港区高輪2-1-13
都営浅草線 泉岳寺駅A2口徒歩5分
◇日時:毎週火 1:00~3:00PM
◇会費:1000円/1回
自由ヶ丘教室 第2・4金 10:30AM
若葉教室 毎週金 6:00PMも併設
お問合せ 090-5405-4763 鈴木
Eメール
mitsuya@wf7.so-net.ne.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR