中川一政画伯と丹田呼吸

 丹田呼吸は、武道家や瞑想をする人だけでなく、芸術家にも大切であることの例として、幸田露伴と丹田呼吸について述べました。今回は、洋画家として、また陶芸や版画、随筆など多能ぶりを発揮した、中川一政画伯と丹田呼吸について書いてみたいと思います。

 中川一政さん(1893〈明治26〉年~1991〈平成3〉年)は、次のように言っています。

  「丹田に力がある時は身体にバランスが行き渡っている。丹田に力がない時は肩が凝ったり背中が痛くなるのだ。私は意識的に丹田を考えたことはない。意識しないのに丹田が出て来た。そして考えるに、丹田に力が入っている時が私の全力が出る時だ。(略)私は考える。人間が一番人間たる時は、臍下丹田が整っている時である。一番活気な時である。(中川一政『随筆八十八』)
 
 中川さんは、「意識に丹田のことを考えたことはないのに、丹田が出てきた」と言っていますが、元々絵を描くことで丹田を練っていたのでしょう。書にしても絵画にしても、活きた線を書くには、丹田の力が必要なのです。
 フランスの画家マチス(2869年~1954年)は、大きな絵を描く時、長い棒の先に鉛筆をつけて力強い線を描くことができたということです。こんな芸当ができたのも、マチスは丹田があったのだと思います。
 中川画伯が90歳半ばを過ぎても、かくしゃくとして制作を続けることができたのも、丹田の力によるものなのだと思います。
 「丹田が整っている時、一番活気にあふれている時である」と、中川画伯自身語っているように、中川一政の絵画と丹田の力は、切っても切れない関係にあるのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴木光彌

Author:鈴木光彌
1943年(昭和18)東京都葛飾区水元に生まれる
法政大学法学部卒
在学中は応援団に所属し、副団長を務める
今も、人々に生きる勇気と喜びを鼓吹する応援団を任じている
昭和55年、公益社団法人調和道協会に入会し、丹田呼吸法を学ぶ
以来研鑚を重ね、現在養根塾を主宰して活動中
著書:「丹田湧気法入門」柏樹社(共著)、「丹田を創る呼吸法」BABジャパン、「丹田を創って『腹の人』になる」小学館、「藤田霊斎 丹田呼吸法」佼成出版社

【養根塾】
◇会場: 高輪アンナ会館
東京都港区高輪2-1-13
都営浅草線 泉岳寺駅A2口徒歩5分
◇日時:毎週火 1:00~3:00PM
◇会費:1000円/1回
自由ヶ丘教室 第2・4金 10:30AM
若葉教室 毎週金 6:00PMも併設
お問合せ 090-5405-4763 鈴木

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR