風と息

    「風」
 誰が風を 見たでしょう?
ぼくもあなたも見やしない
けれど木の葉をふるわせて
風は通り抜けてゆく
(クリスティーナ・G・ロセッティ)
(西條八十 訳)

 風は目には見えないけれども、存在は感じられます。そして風は宇宙の呼吸のように感じられます。
 ヘブライ語の「ルアッハ」という言葉は、風という意味のほかに、霊、息という意味が含まれているそうです。風も霊も息も目には見えないけれども、確かに在るという点で同類だというのでしょう。
 ヘブライ語で書かれた旧約聖書の『創世記』に、「主なる神は、土の塵で人を形づくり、その鼻にいのちの息を吹き入れられた。」とあります。この「いのちの息」こそ、「ルアッハ」ということです。
 まさに、風は神の呼吸であり、言葉を変えればいのちの息です。我々はそのいのちの息を吹き込まれて吸気とし、それをお返しすることを呼気としているわけです。
 それをハッキリと体感するには、日常の無意識の呼吸を、意識的な呼吸にかえてみることです。すると、清明の根源である宇宙と自分とが、呼吸を通してつながっていることが実感できます。息を吸うことは神の恵みであり、吐くことは、自分を生かし給う神様への感謝のメッセージであるように感じられます。
 古人は、風に大いなるものの息を感じたに違いありません。それは、風の字を含む熟語をみると実感できます。
風景・風情・風光・風月・風致・風姿・風刺・風俗・風習・風采・風格・風貌・風潮・風土・風雲・風雅・風流・風味・風物・風合・風評・風紀・・・
 これらの熟語の風からは、神の息づかい、宇宙の息吹が感じ取れるのではないでしょうか。いのちの根源の呼吸(息)であるという微妙な感触を、風という文字で表しているのです。
 私たちはいのちの根源とのつながりを感じた時、安心と愛に充たされます。それを左右するのは、風をいのちの根源の息として見抜く感性であり、その感性は丹田呼吸法の実践によって養われるのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴木光彌

Author:鈴木光彌
1943年(昭和18)東京都葛飾区水元に生まれる
法政大学法学部卒
在学中は応援団に所属し、副団長を務める
今も、人々に生きる勇気と喜びを鼓吹する応援団を任じている
昭和55年、公益社団法人調和道協会に入会し、丹田呼吸法を学ぶ
以来研鑚を重ね、現在養根塾を主宰して活動中
著書:「丹田湧気法入門」柏樹社(共著)、「丹田を創る呼吸法」BABジャパン、「丹田を創って『腹の人』になる」小学館、「藤田霊斎 丹田呼吸法」佼成出版社

【養根塾】
◇会場: 高輪アンナ会館
東京都港区高輪2-1-13
都営浅草線 泉岳寺駅A2口徒歩5分
◇日時:毎週火 1:00~3:00PM
◇会費:1000円/1回
自由ヶ丘教室 第2・4金 10:30AM
若葉教室 毎週金 6:00PMも併設
お問合せ 090-5405-4763 鈴木

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR