呼吸を止めること

 12年程前に公開された、「ミリオンダラー・ベイビー」というハリウッド映画がありました。クリント・イーストウッドの監督作品で、第77回アカデミー賞を受賞しています。
 この映画の中で、ボクシングの町道場のコーチであるフランキー・ダン(モーガン・フリーマン)が、ボクサー志望の女性マーガレット(ヒラリー・スワンク)にアドバイスをします。それは、「君はプレッシャーがかかると、呼吸を止めるクセがある」ということでした。
 マーガレットは、試合中の緊迫した場面になると、緊張のあまり呼吸を止めてしまう欠点がありました。呼吸を止めることで身体が硬直して、動きが自由さを失ってしまうのです。 
 これは目の前で突然爆発音がしたような場合、足がすくんで歩けなくなってしまうといった状態です。武道の世界では、この状態を「居つく」といいます。居つくことは、スキだらけになることですから、武道ではあってはならないことです。ボクシングも同じで、居つくことで相手にいいようにパンチを浴びせられてしまいます。
 沢庵禅師が『不動智神妙録』で、不動とは石や木のように動かないのではなく、心をあらゆる方向にはたらかせて、一つの物事にとらわれないことだと説いているのは、この「居つく」ことを戒めているのです。
 ダンコーチのアドバイスによってマーガレットは開眼し、一流のボクサーへと成長していきます。

 丹田呼吸法から言っても、呼吸を止めることは「努責」といって、避けるべきこととしています(丹田呼吸法には、努責を生じさせずに呼吸を止めることはありますが、初心のうちは絶対避けるべきです)。マーガレット選手はボクシングの修練の中から、呼吸を止めることのない丹田呼吸法と、上虚下実の姿勢を修得したのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴木光彌

Author:鈴木光彌
1943年(昭和18)東京都葛飾区水元に生まれる
法政大学法学部卒
在学中は応援団に所属し、副団長を務める
今も、人々に生きる勇気と喜びを鼓吹する応援団を任じている
昭和55年、公益社団法人調和道協会に入会し、丹田呼吸法を学ぶ
以来研鑚を重ね、現在養根塾を主宰して活動中
著書:「丹田湧気法入門」柏樹社(共著)、「丹田を創る呼吸法」BABジャパン、「丹田を創って『腹の人』になる」小学館、「藤田霊斎 丹田呼吸法」佼成出版社

【養根塾】
◇会場: 高輪アンナ会館
東京都港区高輪2-1-13
都営浅草線 泉岳寺駅A2口徒歩5分
◇日時:毎週火 1:00~3:00PM
◇会費:1000円/1回
自由ヶ丘教室 第2・4金 10:30AM
若葉教室 毎週金 6:00PMも併設
お問合せ 090-5405-4763 鈴木
Eメール
mitsuya@wf7.so-net.ne.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR