FC2ブログ

玉簾不断

 禅の本などで、「玉簾不断(ぎょくれんふだん)」という言葉をよく目にします。
 玉簾とは玉で飾った美しいすだれのことですが、ここでは瀧のことです。瀧は絶え間なく連なる水の流れのようですが、実は一滴一滴の水から成り立っています。

 私たちは、時の流れの中に流されるように生きていますが、「一瞬一瞬の時を自覚して充実して生きよう」というのが、禅語としての「玉簾不断」の意味するところです。
 浄土宗の僧侶で広島大学教授であった山本空外博士(1902~2001)は、玉簾と同じ意味で「点化」という言葉を使っています。正念相続とか、マインドフルネスとか、似た意味を表す言葉はありますが、点化というのは実にいい表現です。
 一点に集中して、その一事に丁寧に向き合うことです。茶道の点前という言葉も、客をもてなすことの一点に身心を集中することとであるということです。
 
 丹田呼吸は、「点化」のためのすぐれた方法です。いのちのための基本的行為である、息という玉簾の一滴一滴、一点一点に集中するのが丹田呼吸です。日常の丹田呼吸の実践は、あらゆる分野での点化のための基本的な行為として、多くの方々に実践いていただきたいと思います。
 
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

鈴木光彌

Author:鈴木光彌
1943年(昭和18)東京都葛飾区水元に生まれる
法政大学法学部卒
在学中は応援団に所属し、副団長を務めていたが、今も、人々に生きる勇気と喜びを鼓吹する応援団を任じている。、
昭和55年、公益社団法人調和道協会に入会し、丹田呼吸法を学ぶ
以来研鑚を重ね、現在養根塾を主宰して活動中
著書:「丹田湧気法入門」柏樹社(共著)、「丹田を創る呼吸法」BABジャパン、「丹田を創って『腹の人』になる」小学館、「藤田霊斎 丹田呼吸法」佼成出版社

【養根塾】
◇会場: 高輪アンナ会館
東京都港区高輪2-1-13
都営浅草線 泉岳寺駅A2口徒歩5分
◇日時:毎週火 1:00~3:00PM
◇会費:1000円/1回
自由ヶ丘教室 第2・4金 10:30AM
若葉教室 毎週金 6:00PMも併設
お問合せ 090-5405-4763 鈴木
Eメール
mitsuya@wf7.so-net.ne.jp

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR