FC2ブログ

虚実自在

前やうしろや右左
ここと思えば またあちら
燕のような早業に
鬼の弁慶あやまった

童謡「牛若丸」の三番の歌詞です。
怪力無双の大男弁慶と、きゃしゃな身体の牛若丸。
ヒラリヒラリと身をかわして、弁慶を打ち負かして家来にしてしまいました。
「押さば引け、引かば押せ」という柔道の原点といったところです。

一説によりますと、牛若丸を指導したのは、陰陽師であり兵法家であった鬼一法眼という人であったということです。
鞍馬山の天狗に習ったという伝説の天狗とは、この鬼一法眼であったのかもしれません。

鬼一法眼が牛若丸に授けた兵法は、
「来れば即ち迎え、去れば即ち送る。五五十、二八十、一九十、これを以って和すべし」
ということだったそうです。
五押したら五引き、二引いたら八押すという和の動きです。

これは何よりも、「上虚下実」を説いた調和道丹田呼吸の極意そのものです。
スポンサーサイト



最新記事
プロフィール

鈴木光彌

Author:鈴木光彌
1943年(昭和18)東京都葛飾区水元に生まれる
法政大学法学部卒
在学中は応援団に所属し、副団長を務めていたが、今も、人々に生きる勇気と喜びを鼓吹する応援団を任じている。、
昭和55年、公益社団法人調和道協会に入会し、丹田呼吸法を学ぶ
以来研鑚を重ね、現在養根塾を主宰して活動中
著書:「丹田湧気法入門」柏樹社(共著)、「丹田を創る呼吸法」BABジャパン、「丹田を創って『腹の人』になる」小学館、「藤田霊斎 丹田呼吸法」佼成出版社

【養根塾】
◇会場: 高輪アンナ会館
東京都港区高輪2-1-13
都営浅草線 泉岳寺駅A2口徒歩5分
◇日時:毎週火 1:00~3:00PM
◇会費:1000円/1回
自由ヶ丘教室 第2・4金 10:30AM
若葉教室 毎週金 6:00PMも併設
お問合せ 090-5405-4763 鈴木
Eメール
mitsuya@wf7.so-net.ne.jp

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR