FC2ブログ

根っこの魂

  坂村真民(1909~2006)さんは、野鳥が目覚め、宇宙の霊気が一番生き生きとしているという午前3時36分に、自宅を出て長い時間お祈りを捧げていたということです。
 その全身全霊を挙げた祈りならば、真民さんの代表作である「念ずれば花ひらく」ことは本当のことだと思えてきます。この「念ずれば花ひらく」の詩碑は、国能力内外500か所以上で石碑に刻まれているということも、真民さんの祈りのパワーを実感させてくれます。

 真民さんには「気海丹田」という詩があり、私の応援歌になっていますが、次の「タンポポ魂」という詩も、養根塾の心をそのまま表してくれていて大好きな詩です。

「タンポポ魂」
踏みにじられても
食いちぎられても
死にもしない
枯れもしない
その根強さ
そしてつねに
太陽に向かって咲く
その明るさ
わたしはそれを
私の魂とする


 調和道丹田呼吸を実践していると、タンポポの根の力強さと、つねに太陽に向かって咲く花の明るさが、身体中にあふれてくるのを感じます。

 令和元年も師走となりました。寒さに向かっている今もタンポポは、春にそなえて根っこを目に見えない土の中に深く深く伸ばす努力をし続けていることでしょう。
スポンサーサイト



最新記事
プロフィール

鈴木光彌

Author:鈴木光彌
1943年(昭和18)東京都葛飾区水元に生まれる
法政大学法学部卒
在学中は応援団に所属し、副団長を務めていたが、今も、人々に生きる勇気と喜びを鼓吹する応援団を任じている。、
昭和55年、公益社団法人調和道協会に入会し、丹田呼吸法を学ぶ
以来研鑚を重ね、現在養根塾を主宰して活動中
著書:「丹田湧気法入門」柏樹社(共著)、「丹田を創る呼吸法」BABジャパン、「丹田を創って『腹の人』になる」小学館、「藤田霊斎 丹田呼吸法」佼成出版社

【養根塾】
◇会場: 高輪アンナ会館
東京都港区高輪2-1-13
都営浅草線 泉岳寺駅A2口徒歩5分
◇日時:毎週火 1:00~3:00PM
◇会費:1000円/1回
自由ヶ丘教室 第2・4金 10:30AM
若葉教室 毎週金 6:00PMも併設
お問合せ 090-5405-4763 鈴木
Eメール
mitsuya@wf7.so-net.ne.jp

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR