FC2ブログ

廉恥心

 猛暑日の続く暑い夏でしたが、ようやく爽やかな秋になりました。
 秋空を見上げると、心が素直になってくるように感じます。

  天高く 人生なんと 恥多き

 鈴木真砂女さんの句です。「羅(うすもの)や 人悲します 恋をして」という句もある真砂女さんの、長い人生を振り返っての秋の日の感懐です。
 96歳の長寿とスケールの大きな人生と比較するのはおこがましいですが、私も76年の人生を振り返ると、頭を抱えたくなるような恥ずかしい過去がたくさん思い浮かんできます。
 そんな自分であったことを、晴れ上がった天空の下で、目を背けず見据えたいものだと思います。丹田呼吸は、そういう心構えを作るための修行法でもあると思います。
 そう、一茶にもこんな句がありました。

  はづかしや おのが心と 秋の空

スポンサーサイト



最新記事
プロフィール

鈴木光彌

Author:鈴木光彌
1943年(昭和18)東京都葛飾区水元に生まれる
法政大学法学部卒
在学中は応援団に所属し、副団長を務めていたが、今も、人々に生きる勇気と喜びを鼓吹する応援団を任じている。、
昭和55年、公益社団法人調和道協会に入会し、丹田呼吸法を学ぶ
以来研鑚を重ね、現在養根塾を主宰して活動中
著書:「丹田湧気法入門」柏樹社(共著)、「丹田を創る呼吸法」BABジャパン、「丹田を創って『腹の人』になる」小学館、「藤田霊斎 丹田呼吸法」佼成出版社

【養根塾】
◇会場: 高輪アンナ会館
東京都港区高輪2-1-13
都営浅草線 泉岳寺駅A2口徒歩5分
◇日時:毎週火 1:00~3:00PM
◇会費:1000円/1回
自由ヶ丘教室 第2・4金 10:30AM
若葉教室 毎週金 6:00PMも併設
お問合せ 090-5405-4763 鈴木
Eメール
mitsuya@wf7.so-net.ne.jp

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR