FC2ブログ

お謡と丹田呼吸

 観世流能楽の中興の祖といわれた、第9世観世黒雪(1566~1626)は、観世流謡曲の極意を和歌の形で残しています。

わが宿は菊を籬(まがき)に露敷きて 
月にうたふる瓢箪(ひょうたん)の声


 黒雪7は幼少から徳川家康につかえ、秀忠にも能を指導した人物です。
 観世流のお家芸(わが宿)は、菊の垣根のように美しくて強く、露のようなうるおいをもたせ、ひょうたんのように腹をふくらませ、八分目に謡え、ということを教えているのです。
 また、観世流で使用する見台(謡本を置く台)には、左側には二分欠けの月が、右側にはひょうたんが透かし彫りにしてあって、黒雪の和歌の下の句が反映されています。
 見台にまで、謡うときの呼吸の仕方が表わされているところが、大変興味深くいですね。
 ひょうたんのような、すなわち、上虚下実の腹で、いきまないように漏気(八分の月)に心して謡え、ということです。見台が丹田呼吸法を教えているのです。
 ひさご腹の重要さを説く点で白隠禅師とまったく同じですが、黒雪の方が白隠(1685~1768)より年代的に先輩ですから、黒雪オリジナルの見解ということができます。
 このことから丹田呼吸法が、広い分野で活用されていることがわかります
スポンサーサイト



最新記事
プロフィール

鈴木光彌

Author:鈴木光彌
1943年(昭和18)東京都葛飾区水元に生まれる
法政大学法学部卒
在学中は応援団に所属し、副団長を務めていたが、今も、人々に生きる勇気と喜びを鼓吹する応援団を任じている。、
昭和55年、公益社団法人調和道協会に入会し、丹田呼吸法を学ぶ
以来研鑚を重ね、現在養根塾を主宰して活動中
著書:「丹田湧気法入門」柏樹社(共著)、「丹田を創る呼吸法」BABジャパン、「丹田を創って『腹の人』になる」小学館、「藤田霊斎 丹田呼吸法」佼成出版社

【養根塾】
◇会場: 高輪アンナ会館
東京都港区高輪2-1-13
都営浅草線 泉岳寺駅A2口徒歩5分
◇日時:毎週火 1:00~3:00PM
◇会費:1000円/1回
自由ヶ丘教室 第2・4金 10:30AM
若葉教室 毎週金 6:00PMも併設
お問合せ 090-5405-4763 鈴木
Eメール
mitsuya@wf7.so-net.ne.jp

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR