FC2ブログ

「ゆ」の字に学ぶ

 「ゆ」という字は、見るからに柔らかく優美です。ゆめ、ゆうゆう、ゆけむり、ゆるむ、ゆかい、ゆれる、ゆるす、ゆずる・・・と、ゆたかなゆとりを感じます。

 能楽の大成者世阿弥は、「住する処なきを、まず花と知るべし」と言っています。一か所にとどまらないことが、芸を花のように美しくするのだということです。
 いかにも剛直そうな宮本武蔵でさえ、「生きるというは、いつとなく、太刀も手も出合やすく、かたまらずして、切りよきようにやすらかなるを、これ生きる手というなり(『兵法三十五箇条』)」と柔らかさを強調しています。
 また道元禅師は、宋留学のお土産は何かと聞かれて、「柔軟心」と答えました。当時中国に留学した仏教僧は、たくさんの経典をお土産に持ち帰るのが通例でした。しかし道元は手ぶらで帰って来て、師匠の如浄から教えられた柔軟心だけを持ち帰ったということです。

 このように、芸能、武道、宗教とその道は違っても、やわらかさが大事であることを述べています。人生のあらゆる面において、ゆったりとした「ゆ」の字のイメージは、人生万般に通る極意であると言うことができます。

 あらゆる道の根幹である呼吸法も、「ゆ」の字が象徴するやわらかさが大切です。丹田呼吸法の基本である波浪息は、波の動きからヒントを得た呼吸法です。波の滞ることのないなめらかな動きが、理想的な呼吸を生み出し、ひいてはゆたかな心を育むことになるのです。波浪息の実修を重ねて、背骨と仙骨をうねるように動かせるようになると、天と地が自分を通して統一し調和します。

 ゆったり、ゆっくり、ゆうぜんと、「ゆ」の字の心で波浪息を続けてみてください。そうすればあなたは、いつの間にか完全息を身につけ、丹田呼吸法の極意を会得することでしょう。
スポンサーサイト
プロフィール

鈴木光彌

Author:鈴木光彌
1943年(昭和18)東京都葛飾区水元に生まれる
法政大学法学部卒
在学中は応援団に所属し、副団長を務める
今も、人々に生きる勇気と喜びを鼓吹する応援団を任じている
昭和55年、公益社団法人調和道協会に入会し、丹田呼吸法を学ぶ
以来研鑚を重ね、現在養根塾を主宰して活動中
著書:「丹田湧気法入門」柏樹社(共著)、「丹田を創る呼吸法」BABジャパン、「丹田を創って『腹の人』になる」小学館、「藤田霊斎 丹田呼吸法」佼成出版社

【養根塾】
◇会場: 高輪アンナ会館
東京都港区高輪2-1-13
都営浅草線 泉岳寺駅A2口徒歩5分
◇日時:毎週火 1:00~3:00PM
◇会費:1000円/1回
自由ヶ丘教室 第2・4金 10:30AM
若葉教室 毎週金 6:00PMも併設
お問合せ 090-5405-4763 鈴木
Eメール
mitsuya@wf7.so-net.ne.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR