FC2ブログ

中心の坐としての丹田

 東京の中野に、高歩院(こうほいん)という臨済宗の禅寺があります。山岡鉄舟の本名である高歩(たかゆき)に因んで名付けた寺名です。
 この高歩院の前住職だった大森曹玄(1904〈明治37〉~1994〈平成6〉)老師は、
「丹田は生きた人間が、身を正しく保つときに現成(げんじよう)する中心の坐である」
と言っています。

 曹玄(そうげん)老師自身、剣道、書道の名人で禅の大家であるところは、山岡鉄舟翁と通じるところがあります。
 剣は、幕末の剣豪榊原健吉師の弟子である山田治朗吉師範から指導を受けて、直心影流を伝えていました。
 書は、これも鉄舟翁が第五十二世を継いでいる入木道(じゅぼくどう)が受け継がれています。
 そして禅は、これまた鉄舟翁の禅の師である天龍寺の滴水禅師の系統に連なっていて、鉄舟翁とは大変深いゆかりを持っています。『剣と禅』『書と禅」の著書がある通り、まさに、剣・禅・書に通ずる方でした。

 その大森曹玄老師が説いた丹田論です。生きた人間が、正しい姿勢を調えた時に、自ずから中心の坐としてる下腹部に成立する状態が丹田であるということです。
 丹田を調えることは、剣・禅・書ばかりでなく、身心を錬磨する修行活動の基本なのです。

  
スポンサーサイト
プロフィール

鈴木光彌

Author:鈴木光彌
1943年(昭和18)東京都葛飾区水元に生まれる
法政大学法学部卒
在学中は応援団に所属し、副団長を務める
今も、人々に生きる勇気と喜びを鼓吹する応援団を任じている
昭和55年、公益社団法人調和道協会に入会し、丹田呼吸法を学ぶ
以来研鑚を重ね、現在養根塾を主宰して活動中
著書:「丹田湧気法入門」柏樹社(共著)、「丹田を創る呼吸法」BABジャパン、「丹田を創って『腹の人』になる」小学館、「藤田霊斎 丹田呼吸法」佼成出版社

【養根塾】
◇会場: 高輪アンナ会館
東京都港区高輪2-1-13
都営浅草線 泉岳寺駅A2口徒歩5分
◇日時:毎週火 1:00~3:00PM
◇会費:1000円/1回
自由ヶ丘教室 第2・4金 10:30AM
若葉教室 毎週金 6:00PMも併設
お問合せ 090-5405-4763 鈴木
Eメール
mitsuya@wf7.so-net.ne.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR