平野元良の『養生訣』

 江戸時代末期に、平野元良(寛政二〈一七九〇〉~慶応三〈一八六七〉)という名医がおりました。本名は重誠ですが、革谿、桜寧室など、いろいろな名で呼ばれています。
 彼の著した『養生訣(ようじようけつ)』は、丹田呼吸法や健康法などについて触れられていて、当時のベストセラーでした。
 平野元良の丹田呼吸法は、白隠禅師から、東嶺、寺田宗有、白井亨という系譜をたどって伝わったものです。
 「寺田・白井のごときは、実に二百年来の名人なり」と『日本剣道史』で、著者の山田次郎吉が絶賛している幕末の両剣豪の道統に連なるだけに、剣術にも通じていたようです。特に彼の直接の師である白井亨は、丹田呼吸法の習練により、独自の剣の道に達した人です。

  「気息(いきあい)を臍下に充実(みた)しむれば、よく百病を除くということ、実(まこと)にその験(しるし)あり。」
と、元良先生は、丹田呼吸法の効能を述べています。
 白隠禅師の、「我がこの気海丹田腰脚足心、総にこれ本来の面目、面目何の鼻孔かある」という、丹田の重要性を説いた内観の法の効果を、医師の立場から断言しています。
 平野元良師の説く教えは、藤田霊斎師の丹田呼吸法にも大きな影響を与えています。
スポンサーサイト
プロフィール

鈴木光彌

Author:鈴木光彌
1943年(昭和18)東京都葛飾区水元に生まれる
法政大学法学部卒
在学中は応援団に所属し、副団長を務める
今も、人々に生きる勇気と喜びを鼓吹する応援団を任じている
昭和55年、公益社団法人調和道協会に入会し、丹田呼吸法を学ぶ
以来研鑚を重ね、現在養根塾を主宰して活動中
著書:「丹田湧気法入門」柏樹社(共著)、「丹田を創る呼吸法」BABジャパン、「丹田を創って『腹の人』になる」小学館、「藤田霊斎 丹田呼吸法」佼成出版社

【養根塾】
◇会場: 高輪アンナ会館
東京都港区高輪2-1-13
都営浅草線 泉岳寺駅A2口徒歩5分
◇日時:毎週火 1:00~3:00PM
◇会費:1000円/1回
自由ヶ丘教室 第2・4金 10:30AM
若葉教室 毎週金 6:00PMも併設
お問合せ 090-5405-4763 鈴木

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR