情けは人の為ならず

 プロ野球の投手として、また監督として活躍した星野仙一さんが亡くなりました。私が法政大学の応援団副団長をしていたとき、星野投手は明治大学の2年生で、闘志をむき出しにしてマウンドに立っていました。
 当時の明治の野球部は、神宮球場名物の島岡監督の時代でしたから、持ち前の闘志は一層拍車をかけられていたのでしょう。

 星野さんがテレビなどの対談で、お母さんへの感謝の思いを口にしていました。母一人で苦労して大学まであげてくれたお母さんを楽にさせたい一心で頑張ったということでした。
 母親想いということでは、野村克也さん、張本勲さんにも共通しています。戦後初の三冠王をもたらしたのも、3000本安打という大記録を実現させたのも、母へのひたむきな感謝と愛の心が大きな力になったのだと思います。

 人間は、自分のことばかり考えていたのでは、モチベーションがあがらず大きな成果を残せません。人のために必死になった時、心底から勇気が湧いてきて、思いがけない力が発揮できるもののようです。人生の妙味は、ここにあるように思います。

 

 
 
 
スポンサーサイト
プロフィール

鈴木光彌

Author:鈴木光彌
1943年(昭和18)東京都葛飾区水元に生まれる
法政大学法学部卒
在学中は応援団に所属し、副団長を務める
今も、人々に生きる勇気と喜びを鼓吹する応援団を任じている
昭和55年、公益社団法人調和道協会に入会し、丹田呼吸法を学ぶ
以来研鑚を重ね、現在養根塾を主宰して活動中
著書:「丹田湧気法入門」柏樹社(共著)、「丹田を創る呼吸法」BABジャパン、「丹田を創って『腹の人』になる」小学館、「藤田霊斎 丹田呼吸法」佼成出版社

【養根塾】
◇会場: 高輪アンナ会館
東京都港区高輪2-1-13
都営浅草線 泉岳寺駅A2口徒歩5分
◇日時:毎週火 1:00~3:00PM
◇会費:1000円/1回
自由ヶ丘教室 第2・4金 10:30AM
若葉教室 毎週金 6:00PMも併設
お問合せ 090-5405-4763 鈴木

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR