FC2ブログ

人は呼吸した通りの人になる

 「科学のおかげで得た知識を捨てることなく、もういちど人間を霊性・精神性・身体性からなる、一つの全体としてとらえること、それはわれわれの時代の責務である」

 これは、東洋医学者の言葉のようですが、オステオパシーという手技療法の第一人者であった、 ロバート・C・フルフォード(1905~1997)というアメリカ人の言葉です。出典は、から翻訳出版された彼の著書『いのちの輝き(翔泳社刊)』です。
 オステオパシーは、アメリカのアンドリュー・スティル意志によって創始された、骨格の調整などで治療を加える医学体系で、発祥のアメリカにおいて有資格者は、正規の医師として認められているそうです。人間全体から考える医療思想は、東洋医学そのものという感じです。

 このフルフォード博士は、「人は呼吸したとおりの人になる」という言葉も残しています(上掲書)。 

 言うまでもなく呼吸は、生きるための重要な行為です。それだけに、呼吸の仕方によって人が変わっていくことは充分に考えられることです。
 浅くせわしない呼吸をしている人は、せわしない人であるでしょうし、弱弱しい呼吸をしている人は、存在感も弱弱しい人になることでしょう。逆に力強くゆったりとした呼吸を常にしている人は、そのような人であるに違いありません。
 ドクター・オブ・オステオパシーとして、微妙な手の技を通して、何万という臨床体験を持つフルフォード氏が得た、確かな手ごたえであったものと思います。



 
スポンサーサイト

よく調えし己となる

 以下は、『法句経(ダンマパダ)』という仏教経典にある言葉です。

  己(おのれ)こそ己の寄る辺 己を措(お)きて誰に寄る辺ぞ
  よく調えし己にこそ まこと得がたき寄る辺をぞ得ん


 この、「己を寄る辺とする」自主独立の精神が大切です。修行における障害は、他に依存する心です。他者に依存する心は意欲を鈍らせます。「自分が本当に頼れるのは自分である。自分のほかに誰に頼るのだ。修行を積んだ自分こそが、他に代えることのできない最も頼りになる存在なのだ」と、『法句経』は説いているのです(*法句経:短い詩の形にした仏教経典)。
 このように、他者に依存しない心の姿勢が、確固とした主体性を養うことになります。この主体性こそ、心を平安にする大切な要素です。「アイツのせいでこうなった」と被害者意識に陥ったり、「誰も理解してくれない」とすねたり、「みんな自分をどう思っているのだろう」と気に病むのは、他者依存から生ずる心理です。被害者意識、言い訳、責任転嫁、自己正当化など、主体性を欠いたあらゆる思いは、みな心の平安を乱す元になるものです。

老いを楽しむ

 生くることやうやく楽し老の春     富安風生

 富安風生(1885〈明治18〉~1971〈昭和54〉)は、東京帝国大学法学部で逓信省の次官にまでなったエリートであり、ホトトギス派の俳人としても芸術院会員にもなっています。
 上掲の句は、78歳の時の作品です。こんな高齢になって、ようやく生きることが楽しくなってきたというのです。美しい老いを追求した俳人の面目躍如たるものがあります。
 これより2年前、風生翁76歳の時の俳句。

  いやなこといやで通して老いの春

 ただの我がままでは、頑固爺さんとして周囲から疎んじられるばかりですが、それをご愛嬌として認めさせてしまうのは、歳月をかけて磨いた人間力のたまものでしょう。それは処世術とは違った高難度の芸と言えます。

 そして富安翁の辞世の句は、

  九十五歳とは後生極楽春の風

ということにあいなりました。何とゆうゆうたる境涯でしょうか。富安風生は俳句修行をとおして、老いと死を美しく楽しいものとして創りあげた、人生の達人でありました。

門より入るものはこれ家珍にあらず

  「門より入るものはこれ家珍にあらず」という言葉があります。外から入ってくるものは、本当の家の宝ではない、ということです。さらに言えば、本当の宝は家(自己)の中にある、ということです。
 私たちは、地位、名誉、財産など、自己の本質の外にあること、門より入ってくるものにとらわれて、もともと自分に具わっているものの価値を忘れています。
 本当に必要なものは、もともと自分に具わっているものだと気付くには、心を鎮めて安定させなければなりません。自分の外にあるもの、門から入るものは、偶然に左右されて確かなものではありません。ですからそればかりに頼ると、人生は不安定なものになってしまうのです。
 人生を安定させるためには、心を安定させることです。 しかし、心は自分のものでありながら、思う通りにコントロールできません。心を安定させるには丹田が重要なカギとなります。
 丹田を創るためには、呼吸の仕方がポイントです。その呼吸の仕方の要点は、呼吸に意志を込めることです。日常無意識に行なっている呼吸を、意識的に行なうのです。その意識呼吸の実践が、丹田に充実感をもたらします。つまり、意識呼吸は丹田呼吸になるのです。
 門の中にある丹田や呼吸に、気づいて頂きたいと思います。

呼吸の祈り化 Ⅱ

  「天の父さま、どんな不幸を吸っても、はくいきは感謝でありますように、一刻々々が恵みの呼吸なのですから」 河野 進

 人生は楽なことばかりはなく、悲しいことや苦しいことにも出会います。しかし、悲しみや苦しみや不幸をに打ちひしがれて、被害者意識に陥って、沈んで暮らすのは愚の骨頂です。人間は自由意思が与えられているのです。どんな境遇にあっても、心はまったく自由なのです。
 
 一回祈るごとに、心の中のヘドロは中和され浄化されます。祈りの力はすごいものです。 「渋柿の渋そのものの甘さかな」と申します。舌に貼りつくような強烈な渋自体が、太陽の光によって甘さに変わってしまうように、祈りは心のヘドロを栄養に変えてしまうのです。
 そんな祈りをいつでもしていたいものです。生活の中で祈るのではなく、祈りの中で生活するのです。そんな、仕事やいろいろしなければならないのに、祈りばかりしていられないよ、と言われるかもしれません。そこで、吐く息を祈りにしてしまうのです。どんなに忙しくても、呼吸はしているわけですから、呼気そのものを祈りにしてしまえば、仕事中はもちろん、寝ている間も祈ってていることになります。まさに祈りの中の生活であり、祈りの人そのものです。 呼吸もここまでくれば名人級です。

 呼吸の祈り化とは、人生の一こま一こまを大事に生きることです。以前飛ばし読みしていた本を、改めてじっくりと読んでみる。すると、前にはまったく気づかなかったことに、新しい感銘を受けることがあります。前は何を読んでいたのだろうと思います。 
 祈りの心をもって丁寧に生きていくと、一日一日が、新鮮で感動をもって過ごすことが出来ます。
プロフィール

鈴木光彌

Author:鈴木光彌
1943年(昭和18)東京都葛飾区水元に生まれる
法政大学法学部卒
在学中は応援団に所属し、副団長を務める
今も、人々に生きる勇気と喜びを鼓吹する応援団を任じている
昭和55年、公益社団法人調和道協会に入会し、丹田呼吸法を学ぶ
以来研鑚を重ね、現在養根塾を主宰して活動中
著書:「丹田湧気法入門」柏樹社(共著)、「丹田を創る呼吸法」BABジャパン、「丹田を創って『腹の人』になる」小学館、「藤田霊斎 丹田呼吸法」佼成出版社

【養根塾】
◇会場: 高輪アンナ会館
東京都港区高輪2-1-13
都営浅草線 泉岳寺駅A2口徒歩5分
◇日時:毎週火 1:00~3:00PM
◇会費:1000円/1回
自由ヶ丘教室 第2・4金 10:30AM
若葉教室 毎週金 6:00PMも併設
お問合せ 090-5405-4763 鈴木
Eメール
mitsuya@wf7.so-net.ne.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR