FC2ブログ

呼吸と血流

 呼吸法の真髄である調和道丹田呼吸法を創始した藤田霊斎師は、多くの道歌を残しています。その一つに次の歌があります。

  純良な血をよく作りよくまわしこりを除くが健康のもと

 健康のための根本原則は、きれいで質の良い血液を造り、その血液をよく循環させてこりを取り除くことなのだ、というのです。
 単細胞生物ならば、体の表面からだけで体に必要なものの取入れと排出ができますが、人間のように60兆もの細胞が集まった組織になると、皮膚からだけでは全身の細胞が必要とするものの供給や排出は不可能です。
 そこで栄養素や酸素が豊富な純良な血を造ることが健康のために必要になります。そしてその血液を「よくまわし」てやらなくてはなりません。せっかくつくった純良な血も、全身に循環させなければ何もなりません。
 次に、「こりを除く」ことが大切になります。こりとは、老廃物を積んだ血液が停滞し、そこに老廃物が堆積した状態です。それはちょうど流れが悪いためにヘドロが固まっている河川のようなものです。

 「純良な血をつくる」「よくまわす」「こりを除く」ためには、丹田呼吸が必要であるこの道歌は主張しているわけです。
 純良な血液を造るためには、食べ物と共に呼吸が大切です。浅くて弱い呼吸では、十分に酸素の取り入れも二酸化炭素の排出も思うようにいきません。劣悪な呼吸は、純良とは程遠い、汚れた血を体内においておくことになってしまうわけです。

 血液の循環をよくするにも呼吸が大事です。特に丹田呼吸は、血液の循環を促進します。丹田呼吸は横隔膜が活発にはたらき強い腹圧を発生させますが、この腹圧が腹部の静脈血を心臓に向かって絞り上げるはたらきをするのです。
 腹部は空洞になために、汚れた血液がたまりやすい構造になっています。多くの人が、全体の半分以上の汚れた血を腹に長時間ためているといわれています。その汚れた血液を、丹田呼吸による腹圧が心臓に返すのです。 ですから、腹は第二の心臓であると、東大教授の細菌学の権威者で文化勲章を受章し、腹式呼吸の提唱者としても有名だった二木謙三博士は言っています。

 このように、「純良な血をつくる」「よくまわす」「こりを除く」という三つの作用は、丹田呼吸によって一気に片づいてしまいます。
純良な血は循環がよいく、逆ににごって汚い血は循環しにくくなります。逆によい循環は純良な血をつくります。「三寸流れて水清し」というわけです。そして、純良な血がよくまわれば、こりはおのずから除かれ、身心は根本から健康になるのです。

*7月16日(火)の養根塾はお休みさせて頂きます。
スポンサーサイト

静動両面にはたらく丹田呼吸法

 丹田呼吸法は、武道と坐禅の両面を兼ね備えています。丹田の鍛錬によって中心力が養われると、理にかなった動作が身についてきます。それは武道のための重要な素養です。また中心力は、瞑想するうえでも必須の要点です。その意味で丹田呼吸法は、静的武道、動的坐禅であると言えます。また、静的スポーツ、動的瞑想といってもいいと思います。

 丹田呼吸法は一息一息に心を込める呼吸法です。呼吸に心がこもると、丹田に充実感を覚え、動作にも心がこもってきます。こうして身につけた動作は、無限の事態に対応して展開する武道につながります。
 また丹田呼吸をしていると、心が落ち着き集中力が増してきます。そして、天地との一体感を味わえるようになります。これこそ坐禅の目指す境地です。

 まずは難しいことは抜きにして、無意識で行っているその呼吸を、まず心を込めて丁寧に息を吐くことから始めて下さい。それだけでも、思わぬ丹田呼吸の効果を味わうことになります。

7月16日(火)の養根塾はお休みさせて頂きます。

頂きなおす

 数年前のことですが、丹田呼吸法セミナーの席で、ある資料を出席していた人にあげたところ、彼女は大変喜んで、「家に帰ったら神棚に上げます」と言っていました。大学院生の若い女性の口から出た「神棚に上げる」という言葉に、感動を覚えたものでした。
 神棚、仏壇、床の間などの改まった場を作り、そこにいったん捧げてから頂きなおすという儀式は、現代に取り戻したい古いならわしです。いったんその原点に返して、改めて頂きなおす行為は、そのものの有り難さをあらためて感じさせてくれるものです。

 丹田呼吸法はいのちを頂きなおすということです。惰性の日常を改めて見直し、いのちの根源に一度お返しして頂きなおすのです。すると、生きて今この一息をしていることが大変ありがたいことに思われてきます。その心を込めた呼吸こそが丹田呼吸なのです。
 自分のいのちを自分で作り出した人はいません。親を通して何者かから与えられたものです。その当たり前の事実を忘れてしまいます。そして、自分の力で生まれてきて、自分の力で生きてきたように錯覚してしまうのが人の常です。
 この一息一息を頂きなおして丁寧に行なうことで、この錯覚から目覚めることができます。そして、今生きているという事実が新鮮に自覚出来てきます。
 この一呼吸の中にいのちの根源が見えてくるのです。

惜福・分福・植福

 幸田露伴の『努力論』に、「惜福・分福・植福」という言葉が見えています。
 「惜福」とは、恵まれた幸運を、いい気になって浪費しないということです。
 惜副によって蓄積された福は、独り占めしないで多の人たちにも分けてあげること、それを「分福」というと露伴は言います。自分だけいい思いをするなというわけです。露伴流に言えば、「雪隠(トイレ)で饅頭を食うな」ということです。

 豊臣秀吉が、低い身分から天下人にまでなったのは、「文福」の精神が旺盛であったからだと露伴は言っています。確かに秀吉は惜しみなく、獲得した田地を家臣に分け与えているようです。
 「木守り」といって、柿の木などのてっぺんに、実を一つだけ残しておく風習が今でもあります。小鳥や虫へのおすそ分けといったところでしょうか。分福精神の表れとして、ゆかしい風習です。

 「植福」とは、日ごろから蓄えることを怠るなということです。以前やはり露伴の言葉として述べた、「間接の努力」を怠らないということです。

 実生活に取り組む中で修養を積んだ幸田露伴の言葉には、無駄のない、腹に落ちる真実の重みがあります。

幸福の青い鳥

 チルチルとミチルの兄妹は、幸福の象徴である青い鳥を探しに、出かけて行きました。しかし、どこまで行っても青い鳥は見つかりませんでした。歩き疲れて二人が家に帰りますと、青い鳥は家の中の鳥籠の中におりました。
メーテルリンクの童話「青い鳥」は、そのような物語でした。

 豊かさ、便利さは幸福の条件の一つかもしれませんが、すべてではありません。自分の外にあるものだけを頼ると、偶然性に左右されて人生は不安定になります。
 本当の安定は、心の在り方にかかっています。自分の真実の姿を認識する力、先人、社会、親、兄弟、上司、同僚、部下、師、友人などの恩を感じる感性、困難にたち向かう勇気、生命をいとおしむ情感、などが、安定した人生の主要な条件になるものです。
 しかし、心は自分のものでありながら、思う通りにコントロールすることができません。そのためには、腹(丹田)が重要なカギになってきます。
 腹を創るためには、呼吸の仕方がポイントになります。その呼吸の仕方の要点は、呼吸に意識を込めることです。日常無意識に行なっている呼吸を、意識的に行なうのです。その意識呼吸の実践が、腹(丹田)に充実感をもたらします。つまり、意識呼吸はそのまま丹田呼吸になるのです。
 修行などと意気込んで外に求めても、得るものは多くありません。丹田という身体の中の一点に意識を置いて呼吸をすること。それだけで、身体と心は調っていくのです。
プロフィール

鈴木光彌

Author:鈴木光彌
1943年(昭和18)東京都葛飾区水元に生まれる
法政大学法学部卒
在学中は応援団に所属し、副団長を務める
今も、人々に生きる勇気と喜びを鼓吹する応援団を任じている
昭和55年、公益社団法人調和道協会に入会し、丹田呼吸法を学ぶ
以来研鑚を重ね、現在養根塾を主宰して活動中
著書:「丹田湧気法入門」柏樹社(共著)、「丹田を創る呼吸法」BABジャパン、「丹田を創って『腹の人』になる」小学館、「藤田霊斎 丹田呼吸法」佼成出版社

【養根塾】
◇会場: 高輪アンナ会館
東京都港区高輪2-1-13
都営浅草線 泉岳寺駅A2口徒歩5分
◇日時:毎週火 1:00~3:00PM
◇会費:1000円/1回
自由ヶ丘教室 第2・4金 10:30AM
若葉教室 毎週金 6:00PMも併設
お問合せ 090-5405-4763 鈴木
Eメール
mitsuya@wf7.so-net.ne.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR